BARCODE WORLD の調査その3


こんな感じにプローブを6本ほどつなぎました。6本ぐらいが限界かな。

CS2, CS1#

FME-7 29pin CPU side Work RAM CS2 (active high)

  • レジスタアドレス8 の data bit7 が担当
  • 0xa000 を write した直後に反映される

FME-7 30pin CPU side Work RAM CS1# (active low)

  • レジスタアドレス8 の data bit6 が担当
  • さらにアドレスとφ2をデコードした者が出力される

計算式にするとこんな感じ。

29pin = fmereg8[7];
30pin = !(
	{~ROMCS, A14, A13, 1'b0} == 4'h6 && PHI2 == 1'b1 && 
	fmereg8[6] == 1
);

fmereg が関与しないアドレスとφ2だけデコードしてたら流用できたのですが、これではつかえませんでした。残念。

JP2, 2pin

基本的に low で、 0x8000-0xffff にアクセスするとたまに high になることがわかりました。たぶん出力端子な気がしますが、register address 9 の bit5 をいじってみても反応がないので Program ROM の A18 ではないことは確定しました。

いまのところの仕様

[FME-7 memory register]
adr bit assignments
                                                • -
0-7 7:0 Charcter ROM bank #0 to #7 8 7 RAM enable (CS2) 0:disable 1:enable 6 memory select at $6000-$7fff 0:ROM 1:RAM 4:0 ROM page for bank #0 9-b 4:0 ROM page for bank #1 to #3 c 1:0 PPU area VRAM control d 7 φ2 counter decrement 0:disable 1:enable 0 φ2 counter overflow IRQ 0:disable 1:enable e 7:0 φ2 counter value bit7:0 f 7:0 φ2 counter value bit15:8